December 03, 2005

Applescript+Automator+Max

Written by noriko matsumoto | Max+Others , Max/MSP+Jitter

『んー、この作業を自動化したい!』とか一日に一回データーをコピーしてほしい、削除したーいなど
が出てくることがありますが、これはMacを使っていると、Applescriptを書くことで作業を簡単にすることができます。

またMaxではTaptools1.5を使うことで、MaxからApplescriptを実行することができ
MaxとMac純正のソフトウェア間の自動連携が可能になります。

しかし、Applescriptは日本語での紹介本なども少なくまた、アプリケーションに対する命令も各アプリケーションによって命令のアトリビュートが違うなどの、取っ付きにくい部分があるかなとおもいます。。。毎回動作を作る、長ーいスクリプトをかくのもなあ〜という感じで。

そこで最近つかっている、短いApplescriptを書いて、MaxからMacの別のアプリやシステムを
動作させる方法を紹介。
indextop20050412.jpg

10.4に表示ついているAutomatorで一連の実行したい内容をつくり、アプリ化します。
それを直接、Maxから呼び出せればいいのですが、
Automatorで書き出したアプリはスクリプト形式ではなく、Maxからは実行できないので、Automatorで作ったアプリを実行するだけの、Applescriptを書きます。

そしてそのApplescriptファイルのみMaxに読み込み実行するパッチを書きます。
それを実行すると自動的に、Automatorのアプリが動き、動作するという方法です
使うオブジェクトはTaptoolsのtap.applescriptです。

tap.applescriptに時間をきめてbangを送るプログラムをつけると、Automatorだけではなかなか
一定の時間による繰り返しはできないので、便利になります。
例〜
Automaterで今日作成されたファイルを削除するワーク
Automaterくんはワークフォローをくむのが簡単ですね〜。
iTunesやSafariにも命令が充実してて、iPod関係はかなり気になりますね。
その後保存;アプリケーション形式で。
aoute2.jpg
Applescriptで書くスクリプト:上記で保存した.appをよびだす。



tell application "@@@.app"
activate
end tell


a.jpg
スクリプトファイルで保存

そのスクリプトファイルをMaxのtap.applescriptで読み出す。
aas.jpg
23時になったら削除!

確かにいろんな方法で上記のようなことができますが、長々とプログラムを書くより、
Automaterを使うのが一番今の所楽!な気がします。
applescricptを使わなくてもAutomaterで書き出したunix実行ファイルをMaxからたたくのもあるかな?
では。
Applescript +Automater+Maxでした。
MSPで曲をユーザーにつくってもらって、自動で一つのiPodに転送したり、夢がひろがりますね、

関連記事






次の記事

Dec 06, 05
Taptoolsの話題がでたので、ネタ的なトピックです、、、全然Maxの本質ではありません。完全に遊びです。 Taptoolsには、tap.windowdragという、パッチ内にドラッグエリアを配置するとウィンドウ本体を移動可能にしてくれるオブジェクトがあります。...

前の記事

Dec 02, 05
これの有用性が何処にあるのか、ピンっとこなかったので、ちゃんと解読してないんだけど、...