January 24, 2006

Maxパッチのスタンドアローンアプリケーション化

dbv-staticもそうであるように、
Maxパッチは、Maxがインストールされてないマシンでも動くように、独立したアプリケーションとしてビルドすることが可能です。
st_buiding.gif

その際、何も気を使わずにビルドしても、機能するものが出来上がりますが、以下の好ましくない状態が表れます。


  • 1.通常のビルドでは、アプリケーションの起動時にMax及びjitterの起動画面が現われる。
  • 2.メニューバーのアプリ名/About Max...と出てしまう。
  • 3.Max windowが起動時に勝ってに出てしまう。

これを解消するために、いくつか手間をかけることで、より愛着のもてるものに仕上げられます。

"standalone"と"menubar"オブジェクト


st_munu.gif
"standalone"オブジェクトは、インスペクターでアプリケーションの振る舞いを設定することが出来ます。
st_standalone.gif
"Status Window Visible at Startup"のチェックをはずせば、アプリ起動時にMax Windowが現われません。

"menubar"オブジェクトは、オブジェクトをダブルクリックすることで、設定のためのテキストフィールドが現れます。
st_menu_info.gif
ここでは、"About Max...""About dbv_static"と表示されるように変更しています。
"menubar"のヘルプパッチを見れば、書き方はある程度理解できると思います。

st_about1.gifst_about2.gif


Collective Editor


パッチサイドでの下ごしらえは、以上で、次は、メニューバーから"File - Buid Collective/Application/Plug-in"を選ぶと、"Collective Editor"が現れます。
st_editer.gif

ここでは、アプリケーション化する際、インクルードするファイル等を記述します。

  • "open thispatcher"の下、jitlibをインクルードしています。
    jitterのオブジェクトを使用してる場合は、必ずインクルードする必要があります。
    他にも、外部のエクスターナルの使用してる場合、エクスターナル一つ一つをインクルードしなくてはなりません。サブパッチも画像もそうです。
  • その下では、"jitter-config.txt"というテキストファイルをインクルードしています。これはjitterの起動画面が現れないようにするためです。このテキストファイルの中身は、"jitter nosplash 1"と一行だけ記述してあります。
  • またその下は、"appsplash ....../colorbar.pct"は、アプリケーション起動時にMaxの起動画面ではなく独自の画像を表示するための記述です。インクルードする画像の形式は、Macの場合はPICT、Winの場合はBMP画像である必要があります。

これで、アプリケーションとしてBuildすれば、作業完了。

これ以外に、リソースを弄るような方法もあったりしますが、Winでは通用しないので、まあこれが、正攻法なのかなとは思います。
Max付属のドキュメント"Max45TutorialsAndTopics.pdf"や、jitterのHTML形式のリファレンスを参考にしてますので、より詳しく知りたい方は参照してみてください。ここでは取り上げませんでしたが、アイコンの変更を"Collective Editor"から行うコマンドもあります。

ちなみに当方の環境は、MacOSX 10.4.4 + Max4.5.5+jitter1.5.2 or 1.2.4ですので、以前のVer.で通用するかは、わかりません。それと、Windowsでのテストはしていません。

関連記事




次の記事

Jan 30, 06
Written by Satoshi HORII |
techNote.内の記事に関係のあるウェブページへのリンク集 (随時更新しています)...

前の記事

Jan 08, 06
dbv-staticが0.6にアップデートしました。 新たに、Max/MSP+jitterでプログラミングしたオリジナルエフェクトを組み込むことが可能になりました。...