July 23, 2006

マッピング・サウンド・インスタレーション

Written by yosuke hayashi | info

8/9-10/9に山口情報芸術センター(以下YCAM)で行われるATAKの展覧会に
学生WSメンバーとして参加しています。
YCAMの階段や廊下にマイクやスピーカー、センサーを仕込んで、かつ全ての
場所の音をミックスするというシステムで有機的な音響空間を作ります。
展覧会終了後には今回使用したテクニックなど、レポートできればと考えてます。
以下、詳細情報です。よろしくお願いします!

展覧会概要
「マッピング・サウンド・インスタレーション」
シリーズ「科学とアートの対話」#3
2006年8月9日(水)〜10月9日(月・祝)※火曜休館
10:00-20:00(※スタジオBのみ12:00-20:00) 入場無料
http://msi.ycam.jp
■ 渋谷慶一郎+池上高志 「filmachine」(新作サウンドインスタレーション)
会場: 山口情報芸術センター スタジオB

■ YCAM大学間コンソーシアム
「公共空間とサウンド“autonomic sound sphere - 自鳴する空間”」
会場:山口情報芸術センター館内各所[中庭1、2、ホワイエ〜大階段、公園側エントランス
小階段、ロッカー前通路]
参加:IAMAS(情報科学芸術大学院大学+岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー)
多摩美術大学、東京藝術大学、山口大学
監修:渋谷慶一郎+池上高志
[主催] 財団法人山口市文化振興財団
[後援] 山口市、山口市教育委員会 
[共同製作] YCAM InterLab
[企画制作] 山口情報芸術センター
[プロジェクトキュレータ] 阿部一直
[特別協力] 東京大学大学院総合文化研究科、ATAK
[協力] IAMAS(情報科学芸術大学院大学+岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー)、
東京藝術大学音楽研究科、多摩美術大学美術研究科、山口大学工学部感性デザイン学科
[助成] 財団法人地域創造、平成18年度文化庁芸術拠点形成事業
[協賛] オタリテック株式会社、カラーキネティクス・ジャパン株式会社、
株式会社オービット・ミューズテクス事業部、株式会社カメオインタラクティブ、
株式会社タイムロード、三菱電機エンジニアリング株式会社

■ オープニングイベント
アーティストレクチャー+シンポジウム
8月9日(水) 14:00 - 17:00
会場: 山口情報芸術センター ホワイエ 料金: 無料
1. 「公共空間とサウンド ”autonomic sound sphere - 自鳴する空間”」プレゼンテーション
2. アーティストレクチャー/出演: 渋谷慶一郎、池上高志
3. シンポジウム「サウンドアートの方向性と未来 [仮]」
パネリスト: 渋谷慶一郎、池上高志、久保田晃弘(多摩美術大学教授)、
阿部一直(YCAMキュレータ)

■ サウンドLIVEコンサート
9月16日(土) 時間未定
会場: 山口情報芸術センター スタジオA  
出演: 渋谷慶一郎 ほか
チケット発売: 8月5日(土)
山口市文化振興財団チケットインフォメーション:
083 - 920 - 6111(10:00 - 19:00 ※火曜休館)
ローソンチケット:0570-084-006 Lコード:61851
※時間・料金等詳細は、webをご覧ください

■ YCAM教育普及スタッフによるギャラリーツアー
会期中毎週日曜 14:00 - 15:00 (定員20名)
当日13:30までに1F事務局にてお申し込みください

関連記事






次の記事

Oct 23, 06
Written by Katsuhiko Harada | Device , Flash
GAINER moduleの複数使用についてです。...

前の記事

Jul 17, 06
Written by noriko matsumoto | info
松本典子です。 今、コンテンポラリーダンスのメッカ、モントリオールを中心に活動する...