November 01, 2007

GAINERの本「+GAINER」発売!!

Written by Katsuhiko Harada | Device , info

GAINERを使うためのチュートリアルや作品例など情報満載の書籍「+GAINER」が発売!!
[Flash][Max/MSP][Processing]+Gainerで新しい体験を!!

■ +GAINER -Physical Computing with Gainer


    +GAINER
















[著]GainerBook Labo くるくる研究室
[価格]3,780 円(税込)
[出版社]株式会社九天社
[判型]B5変型/260頁
[発売予定]2007/10/31
[ISBN]978-4-86167-201-9

これからGAINERを使ってみたい方も、すでにGAINERを使っている方も楽しめる内容だと思います。
サンプルコードも公開されています。ぜひ、お手にしてGAINERを試してみてください。
http://gainer.cc/Exhibition/PlusGainer



■ 目次
PART 1. TUTORIAL
01. イントロダクション
人間とコンピュータはいかにコミュニケーションできるか
  GUI は実際に触って感じることはできない
フィジカルコンピューティングとは
  直接触れて感じることのできるデバイス
ツールキットの登場で身近になるハードウェア
フィジカルコンピューティングで広がる可能性
  インタラクションをデザインする
[Column]Sketching in Hardware
フィジカルコンピューティングの構成要素
[Column]さまざまなプロセッサ

02. Gainerをはじめよう
Gainerとは
  Gainer の構成
  I/Oモジュールの構成
[Column]Gainerと関連するプロジェクト
I/O モジュールの組み立て
  抵抗器の取り付け
  積層セラミックコンデンサの取り付け
  ICソケットの取り付け
  LEDの取り付け
  電解コンデンサの取り付け
  タクトスイッチの取り付け
  USBコネクタの取り付け
  連結ピンの取り付け
  PSoCマイコンの取り付け
[Column]7種類のコンフィギュレーション
ドライバのインストール
  Windows XP 編
  Mac OS X 編
[Column]Funnel について

03. 電子回路を組む
電子回路の基礎知識
  電圧〜電流〜抵抗
回路図の読み方
  主な電子部品
ブレッドボード上で回路を組んでみる
  ブレッドボード
  ジャンプワイヤ
  部品の準備
  電源の接続
  ブレッドボードの電源でLEDを点灯させる
[Column]オームの法則
  スイッチでLEDをオン/オフする
[Column]そろえておくと便利な電子部品

04. チュートリアル:Flash 編
セットアップ
  ソフトウェアライブラリのダウンロード
  serial_proxy(=gsp)の起動
[Column]gsp の設定ファイル
FlashでGainerを使う
  コード例1:button.fla
  コード例2:LED.fla
  コード例3(デジタル出力):dOut.fla
  コード例4(アナログ出力):aOut.fla
  コード例5(デジタル入力):dIn.fla
  コード例6(アナログ入力):aIn.fla
  Flash 用ライブラリの簡易リファレンス
[Column]Flashでのライブラリパスの設定

05. チュートリアル:Max/MSP 編
セットアップ
  ソフトウェアライブラリのダウンロード
  シリアルポートの設定
  動作確認
Max/MSP でGainerを使う
  デジタル出力
  アナログ出力
  デジタル入力
  アナログ入力

06. チュートリアル:Processing 編
セットアップ
  ソフトウェアライブラリのダウンロード
[Column]Processing の基本用語
Processing でGainerを使う
  Sketch01:最初のプログラム
  Sketch02:テキストを表示する
  Sketch03:Gainer の状態を読み取る(1)
  Sketch04:Gainer の状態を読み取る(2)
  Sketch05:Gainerから出力する
  Processing 用ライブラリの簡易リファレンス
[Column]フィジカルコンピューティングワークショップ

PART 2. COOKBOOK
01. 明るさをはかる
[Column]入力された値を閾(しきい)値と比較する
02. 圧力をはかる
03. 曲がり具合を検出する
[Column]入力を指定した範囲にスケーリングする
04. 物体とセンサとの距離をはかる
[Column]入力された値をスムーズにする
05. 振動を検出する
06. 物体の色を判定する
[Column]Mr.Rolling
07. 人の動きを検出する
08. 加速度センサをつなぐ
[Column]急速な変化を検出する
09. LEDを光らせる
[Column]LEDの利用
10. フルカラーLEDを光らせる
[Column]アナログ出力の正体(PWM)
11. LED アレイを光らせる
12. マトリクスLED にパターンを表示させる
[Column]マトリクスLEDに映像を映す
13. ACソレノイドを動かす
[Column]I/Oモジュールのレスポンスをチューニングする
14. 振動モータを動かす
[Column]motordog の作り方
15. バイオメタルを動かす
[Column]プルアップとプルダウン
16. DCモータを動かす
[Column]Hブリッジについて


PART 3. Examples
01. ゲイナーカイダン/ IAMAS PDP
02. Haohao_table /遠藤孝則+原田克彦+増田一太郎
03. みくまりね その3 /柏木恵美子
04. Mountain Guitar /金箱淳一
05. infopool /アイティア+メタファー+リクルート メディアテクノロジーラボ
06. JukePhone /遠藤孝則
07. アンビエントデバイス/原田克彦
  kurukuru presents
08. 風鈴フーコ/原央樹(ツムジテクノロジー/ kurukuru)
09. 誕生日 /原央樹(ツムジテクノロジー/ kurukuru)
[Column]ミニ座談会. Gainerと出会ったきっかけ
10. かき氷メーカー/タナカミノル(ピクルス/ kurukuru)
11. 空気入れ楽器/松村慎(クスール/ kurukuru)
12. あっち↑/尾崎俊介(クスール/ kurukuru)
[Column]デバッガが欲しい
[Column]ブラウザの外に出たい?Web APIとのマッシュアップ.
13. Genki-Balloon / kurukuru
  kurukuru meets Gainer




■ フィジカル・コンピューティング ワークショップ+トークセッション

フィジカル・コンピューティングをテーマとしたワークショップ+トークセッションがNTTインターコミュニケーション・センター(ICC)にて開催されます。ご興味のある方は、ぜひ是非お越し下さい。


オープン・サロン
フィジカル・コンピューティング ワークショップ+トークセッション


「フィジカル・コンピューティング」とはニューヨーク大学から始まった教育プログラム,研究指針です。既存のパーソナル・コンピュータのグラフィカル・ユーザー・インターフェイス(ウインドウ,マウス,アイコンなど)を超えて、私たちの生活環境によりそった身体的なコンピュータのあり方を模索する研究の動向を言い表しています。
今回のオープン・サロンでは,フィジカル・コンピューティング,ユビキタス・コンピューティングあるいはインターフェイス・デザインなどと呼ばれる分野に焦点をあて、その分野を牽引する研究者,デザイナーによる実践的なワークショップと,広く新しい方向性を模索するトークセッションを開催します。

■ ワークショップ「Funnel」
日時:11月10日(土)午前11時―午後1時30分

■ ワークショップ「《ゲイナーカイダン》を拡張しよう」
日時:11月10日(土)午後3時―午後4時30分

■ トークセッション
日時:11月11日(日)午後2時―午後4時30分



詳細、ワークショップの申し込みは、コチラからお願いします。


+GAINER?PHYSICAL COMPUTING WITH GAINER
GainerBook Labo くるくる研究室
九天社 (2007/10)
売り上げランキング: 2703

関連記事




次の記事

Dec 27, 07
Written by noriko matsumoto | Flash , Max+Others
MaxMspとFlashとの連携でターミナルからserverを起動させる必要もないし、 さくっとすてきなのがFlashserverオブジェクトなんですが。...

前の記事

Jul 20, 07
Written by Satoshi HORII | Flash , Synthesis
AS3では、ByteArrayクラスの実装によって、swfで音生成が可能なのではと仮説が出てきました。 http://blog.davr.org/2006/04/21/dynamic-sound-in-85...